インプロビゼーション

インプロビゼーションとは型にとらわれず自由に思うままに作り上げていく演奏方法です。しかし、自由に作り上げて行くには音楽的知識も必要になってきます。インプロビゼーションのレッスンでは有名な楽曲のアドリブや、メロディーラインを譜面におこしていき、そこからメロディーを変化させていく等、アドリブをするのに必要な知識を学んでいきます。

eyecatch_improv

楽曲、アドリブの分析

楽曲のメロディーやコード進行・スケールなどを分析してどのようなテクニックが使えるのかを詳しくアナライズ(分析)します。

  • メロディラインからスケールを導き出す
  • コード進行の理解 II-Vなどのジャズ的なテクニックの発見
  • アプローチノート、ターゲットノート

など

有用なメロディーライン

アナライズをもとにアドリブするときのメロディーのテクニックを練習したり、そのラインから発展させたメロディーラインを考えたりします。

  • スケールの練習
  • フレーズの練習・創作
  • フレーズのつなげ方や始まり方、終わり方

など

ハーモニック、リズミックなテクニック

コードに基づいたスケールを使ったアドリブの仕方、さらにメロディーとリズムを組み合わせたユニークな弾き方などを練習します。

  • コードトーンとテンションの理解
  • コードとスケールの関係の理解
  • リズムから導き出されるメロディー

など

その他、有名なミュージシャンのテクニック

更に複雑なテクニック。3トニックシステム、モード奏法、モードから派生するアウトサイドの演奏法(コードに捉われないメロディーライン)その他数々の有名ミュージシャンが演奏したテクニックなどを身につけます。

  • オーソドックスなテクニックをもとにしたパターン練習
  • モード(スケール)を意識した自由なソロ
  • フリーインプロビゼーションへつながるようなアイデア

など

 

音楽理論に基づいたものから、完全にフリーなインプロビゼーションまで対応できます。

インプロビゼーションだけに限らず音楽は頭で考えるものでなく耳で聴くものですので、理論ではありますが耳を最大限に使い各々の感性に基づいた、人間的、音楽的なインプロビゼーションになるように心がけています。

レッスンのお問い合わせ

レッスン内容一覧に戻る

質問はこちらからどうぞ

E-mailを送信していただくと質問に回答があった場合や、ナレッジベースが更新された時に通知されます。

+ = 合計を入力してください。スパムボットでないことを確認します。